Q&A
よくある質問
Q&A

相談は24時間365日受け付けております

きちんと納得してからご購入いただきたいという気持ちから、お電話やメール、フォームでのご相談はいつでも承っています。これから導入を考えている場合には、一度気軽に相談してみませんか。よく頂戴するご質問については分かりやすい回答を紹介しています。

  • 補聴器と集音器はどう違うのか?

    「補聴器」は厚生労働省で認められた管理医療機器です。

    安全性や効果等に一定の基準を設けています。しかし、集音器は医療機器としては認められていないので安全性や効果等に関して、基準はありません。「補聴器」は、一般的には細かな調整ができ、騒音抑制機能や最大出力制限機能、ハウリング抑制機能等の機能があるものが多いですが、「集音器」は、一般的に細かな調整はできません。ご自身でボリューム調整をするものが多いです。

    「補聴器」と「集音器」、それぞれの違いを理解した上で購入、使用されることをお勧め致します。

  • 補聴器は値段によってどう違うのか?

    補聴器の価格帯は安いもので、4~5万円(ポケット型)。高いもので50万円くらいです。いずれも片耳分の価格になります。高いものを両耳分となると100万円くらいになります。これは皆様驚かれてしまいます。

    では、高いから良いのかというとそうではありません。

    もちろん多くの優れた機能がついているのは間違いないですが、当店では補聴器を使われる方、それぞれにとって必要な機能、不必要な機能がありますので、あらかじめお話を聞いて補聴器を選ぶお手伝いをさせていただきます。当然お客様のご予算もありますので、ご希望になるべく沿ったご提案をさせていただきます。ご心配ありません。

  • 補聴器の補助制度は?

    耳鼻咽喉科の指定医から高度難聴、重度難聴で身体障害者に該当すると診断された場合には必要な手続きをとり、補聴器の支給あるいは助成を受けることができます。

    手続きは、当店の方でご説明いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

  • 補聴器はアフターケアが必要と聞いたが、自宅へ来てもらうのに出張料等は必要?

    当店では必要ありません。聞こえで困っていらっしゃる方々のスマイルのお手伝いをしたいので出張料や技術料などはいただいてません。

    これは当店でご購入いただいたお客様も、他店で購入されたお客様も一緒です。

    補聴器用電池や修理、部品交換等、実費いただく場合もございます。

  • 補聴器に寿命はあるの?

    基本的には寿命というものはありません。

    補聴器も精密機器ですので、故障が出てしまうことはありますが、修理しながら長く大切にご使用されることはできます。しかし、場合によってはメーカーで部品の供給(機種の製造終了から最低5年は供給義務あり)ができなくなることがありますので、そうなってしまうと修理ができなくなってしまいます。

    当店でご使用いただいているお客様には、そうなる前にご案内させていただき、部品供給があるうちにメーカーで点検し交換が必要な部品は交換することもできます。

補聴器は厚生労働省で認められた管理医療機器で、安全性や効果などに一定の基準が設けられているのが特徴です。集音器は医療機器ではないので安全性や効果などに基準はなく、ご自身でボリュームを調整するような機能が搭載されています。初めて機器を導入される方は性能や違いについてよくわからないという方もいらっしゃると思います。よくあるご質問では皆様から頂戴する疑問について解説しておりますので、製品選びの参考にしていただけます。また十勝エリアを中心に出張訪問でのカウンセリングも行っています。まずは気軽にお問い合わせしてみませんか。